web analytics
Atlanta/Decatur TMJ Massage, EFT & More
Myofascial Trigger Point Pain Release & EFT Meridian Balancing
顎関節症/緊張性筋炎症候群 (JP)
  • 寝ている間、歯ぎしりをしているらしい
  • 緊張している時、集中している時、歯を食いしばることが多い
  • 顔、首、肩がとてもこわばっている
  • 顎や顔の周辺にも痛みがある
  • 首や顔の一部に触れるとジーンと別のところでも痛みを感じる

などのような顎関節症でお困りの患者さま、
トリガーポイント・筋膜セラピー・EFTなどを試めしてみませんか?

(筋膜セラピーに関して:こちらのページ「基本を知らない人が筋膜リリースで効果を出せるわけがない」で丁寧に説明されているのでご参照ください。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トリガーポイント・筋膜セラピー

トリガーポイント・セラピー参考図

上記の[x]の箇所は、比較的トリガーポイントが形成されやすい箇所です。赤い部分は、そのトリガーポイントによって痛みを感じる部位です。トリガーポイントを適度な圧をかけることによって取り除くことによって関連する赤い部分の痛みも不思議と引いていきます。日本で言うところの「ツボ」と重なることも多いのですが、お一人お一人の体のを的確に検知・対応していくため、効果が高いととても好評をいただいています。

症状や程度によって幅はありますが、一般的には2時間のセッションを3回ほど受けていただければ、かなり症状の改善が見受けられると思います。はじめの30分で効果を感じていただけない場合は、それ以上の費用はいただきませんので。安心してお試しいただけます。

「心理的なストレスが原因で筋肉の硬直が起きている可能性を否定しきれない」という認識をお持ちの方には、ぜひEFT(感情解放テクニック)をおすすめします(併用または単独で)。詳しくは15分の無料相談にて。

主治歯科医の先生にご相談の上、お気軽にお問い合わせください。

また矢島カイロプラクティックの矢島先生は頚椎上部を専門とされていますので、安心でオススメできるかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ニューヨーク大学医学部教授ジョン・E・サーノ博士が確立した、「TMS(緊張性筋炎症候群)理論」は腰痛・肩こり・関節痛・神経痛といった、筋骨格系疾患の治療に有効なだけでなく、心身症といわれる広範囲にわたる病態にも役立つ可能性があります。本院では、EFTを用いて、このTMSの根本原因と取り組むことによって、一般の西洋医学では対処しきれない領域でのケアを提供いたします。

http://www.tms-japan.org/fili.html

© Copyright 2017 Atlanta/Decatur TMJ Massage, EFT & More. All rights reserved.